« 2006年11月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年1月

feedpath。

仕事が一区切りしたので、メールやらデータの処理を。
クリッピングサービスやらソーシャルブックマークやらにもいろいろ登録してみたので、その辺の整理も兼ねてやってます。

で、あちこちのサイトの更新情報やニュースの見出しをチェックしてくれるfeedpathってのにも登録してみました。
ここに読みたいニュースサイトなどを登録しておくと、更新されたときにその見出しと概要をチェックしてくれて、さらにはそこから引用して記事を書くことができるようになるツールです。

仕事してて現実逃避にネット徘徊している最中、「あ、この話題で記事書きたい~」とか「ブログ更新したい~」てな状況になったときにソーシャルブックマークやニュースクリップなどに記録したりメモ用ツールに記事をクリッピングするようにしましたが、「あとで時間ができたときに記事を書く」というのはなかなか難しくてw
クリッピングやソーシャルブックマークのRSSフィードを登録→feedpathを通して未読記事をチェックし、そこからブログも書けるように設定。
今のところ、mixi、楽天ブログ、FC2など対応しているブログにはきちんと書き込めているようです。
下書き状態にもできるので、しばらく運用してみようっと。

あ、あと同期がとれるのがいいですな。
mixiで書いたものをfeedpathで吸い上げて、FC2などに再投稿ってのもできますし。
(ただし初回に同期できる過去分は30件程度っぽい)

これで本家ブログの更新期間が早くなるかなぁ(苦笑)
  generated by feedpath

|

Microsoft Expression Studio

「3年後にアドビを抜いて1位になる」--マイクロソフトから新デザインツール - CNET Japan

今のままではAdobeの独占市場なので今後に期待です。

しかし、Expression Webの評価版が出ているということなのでチェックしようとは思いますが、Designの単体発売がないとは……
これはMicrosoft Expression Studioを買わないと駄目と言うことなのか、それとも?
もう少し情報収集しますです。



  generated by feedpath

|

拡張子がBMPで保存される

以前、JPEG画像を保存すると拡張子がjpegになるという記事を書きましたが。
今回は「拡張子がBMPで保存される」という事象に対しての対処方法を。

原因は、ブラウザのキャッシュファイルが破損していることが考えられます。
キャッシュファイルとはブラウザで一度表示した画像やページなどのファイルを一時的にハードディスク内に保存し、 次回そのページを表示したときに利用することで表示を高速にするためのものです。
その中のどれかが破損しているために、別の拡張子で保存されるということだそうですが、何でそうなるかはわかりませんw

ということなので、前回のようにレジストリを書き換えることもせず、一時ファイルを削除することで解決できます。
たいていは一度ブラウザを開き、再起動させることで解決しますが、それでも直らない場合は一時ファイル削除を行ってみましょう。

まずは[ツール]→[インターネットオプション]で、ダイアログを表示します。

WS000047
この中の[インターネット一時ファイル]の[ファイルの削除] をクリックして、すっきりと削除です。

間違っても、cookieの削除はクリックしないように(^-^;
これをクリックしてしまうと、自動ログインしていたページへの情報などがすっきりと削除されてしまいます(汗)

ツールオプションを開いたついでに、[設定]も見直しておきましょう。ここでは一時ファイルをどのぐらい蓄積するか、容量の設定を行います。
……と思って今自分のブラウザを見てみたら、7432MBってどのぐらいキャッシュを設定してるんだかorz
最近OSをインストールし直したばかりなので、何もいじっていなかったはずなんですけどねぇ。

WS000048
あまり必要性を感じないので、ひとまず200MBぐらいに設定。実際はもっと少なくしても良いかと思います。

キャッシュファイルを活用して表示を早くするという方法はもう大分古いもの。
4。5年前くらいまでは高速回線でのネット接続があまり一般的ではありませんでしたので、このような手法が一般的でしたが、 ここ近年の高速化を見ているとあまり意味もないような感じです。

あまりキャッシュファイルの容量を大きくしすぎると、ずいぶん古い情報までキャッシュに残っていることになります。
よって、ファイルも壊れやすくなる→今回のようなトラブルも起きやすくなる、というところでしょうか。

以上、Web拍手のコメント欄からのリクエストへの返答となります。

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年6月 »