CG・デジコミ関連

お絵描きBBSで描いた絵。

えーと、覚え書き程度にちょこちょこと。
お絵描きBBSで描いた絵を、大きなサイズにしてみたいというときに使えるかなという手法です。

お絵描きBBSでは原寸で描くので、どうしても線がぎざぎざします。拡大すると、このぎざぎざも一緒に拡大されてしまうので、 大きなサイズで描き直したいという場合は線をトレスし直すしかありません。
それをいかに手抜きして綺麗な線にするかw

以前は、主線以外を白で塗りつぶし、拡大したあとにPhotoshopの[スタンプ] フィルタを使って線をなめらかにするという方法を採っていましたが、細かいところが潰れてしまうなどの欠点がありました。
また、主線が細すぎると、線がなめらかにならずにがたがたなままです。
140   1. 元ファイル(PNG)

140  2. 主線のみにした状態

140_l 3. 10倍に拡大、[スタンプ]フィルタ適用

そこで、 「ラスタ→ベクタ変換」でも使用したPotrace(http://potrace.sourceforge.net/)を利用してみます。
これはBMP画像をPotraceのショートカットアイコンにドラッグ&ドロップするだけでEPSにしてくれるという優れもの。
ただ、線が細いものに対してはどの程度対応できるのかわからなかったので、実験がてらやってみました。

上記の2.の段階でBMP形式保存。できたファイルを、Potraceのショートカットアイコンにドラッグ&ドロップします。
同じフォルダ内にepsファイルができるので、それをPhotoshopで開くと、綺麗な線に変換された画像ができあがるというわけです。
140_eps 
ちょっと線が太めですが、まぁまぁではないかなと。
EPS形式はPhotoshop Elementsでも開くことができますので、わりと使える方法ではないかな?

Photoshopで開く際に、大きさの設定ダイアログが表示されます。このとき、利用したい大きさを指定すると、 その解像度でラスタ画像が作成されます。大きなピクセルを指定すると、当然開くのにも時間がかかるので要注意。
あまり細かい画像は当然線が潰れますし、線が太めになる傾向が嫌いな方にはおすすめできませんが(^-^;)

いや、なぜこんなことをやってるかというと。

某所に展示してある、お絵描きBBSで描きためた画像(80枚近く)を一括変換して大きなサイズにできないかと模索してたんですね。 いちいちトレスするのは面倒だし(^-^;)
やってみたらちょうどいいテイストに仕上がったというわけです。

……ものぐさは簡略化の道なり、てなとこでw

|

お絵描きBBSをローカルで。

ネットのサーバ上で動作するお絵描き掲示板が大変人気ですが、自分の絵を晒すのはちょっと……という人はけっこう多いようです。
まぁどこかのレンタル掲示板で描いた物を投稿しないで、そのままスクリーンショットを保存しておけばいいんですが。
必要な部分だけグラフィックソフトで切り抜いて保存して……なんて面倒な手順を踏む必要があります。

PCをサーバ化して、ローカルでお絵描き掲示板を起動できるようにすればいいという方法もあるんですが、 そのサーバ化までいろいろと設定しなきゃいけないという問題もあったりします。

で、AzLocalPBBS(http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/azlpbbs.html) というフリーウェアを導入してみました。(Windowsのみ対応……のはず)
これはツール自体がサーバの処理を簡単に行うので、インストール以外に他のツールのインストールは必要ありません。
ただし、事前に用意しておくファイルがいくつかあることがネックですかね。一部のツールは見つけづらいってのもありますし。
しかし、一度インストールしてしまえば、ツールを起動してスタートするだけでお絵描き掲示板と同じ作業を行うことが可能です。
人知れず練習してみたい!という方にお勧め……かな?w

長文ですので、興味のある方だけどぞ(^-^;)

続きを読む "お絵描きBBSをローカルで。"

|

Shade Web覚え書き

前回までのあらすじ。
PC与太話@たぬろぐ。: Shade Web
http://apt.tea-nifty.com/tanulog/2006/01/shade_web.html

というわけで今日から90日間で7000点ものデータを落とさなければなりません(何

ShadeWEBでは、代金を支払って発行されるIDでログインするとダウンロード可能になるわけですが。
製品の名前をクリックすると、収録されている素材一覧が表示されます。素材が1点1点サムネイル付きで表示されるのはありがたいんですが、 フレームが邪魔だぁ。

ま、「ダウンロード」をクリックすると別窓が開き、そこからダウンロードする形式なので、 いちいち一覧ページに戻るということをしなくてもいいのが助かりましたな。
うちはタブブラウザのLunascapeを使ってますが、1ページに表示されている素材全部をタブで開いても大丈夫なので、 ひとまずは1ページごとに素材のタブを開き、1点ずつダウンロードという方法を採ることにしますです。
あとはサムネイルをどうするかだなぁ……

ひとまず、1日100点目標?w

|

Acrylic備忘録

Expression後継バージョンのAcrylic、CTPの最新版が出たようですよ。

マイクロソフト、デザイナー向けツール2製品のCTP版をリリース(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20095090,00.htm?ref=rss

Download details: Expression Graphic Designer January 2006 Community Technology Preview (CTP)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=ECD88D39-B9FC-4816-8DAE-60444B7C81E7&displaylang=en

対応がWindowsXP2以降なんで、メインPCには入れることができません。
旧機に入れて使ってみるかなぁ……

というわけで、人柱になってくださる方のレポートお待ちしてます(何)

|

Shade Web

DEXさんでダウンロード販売やってるんですね……
http://www.dex.ne.jp/shade/index.html

で、3D素材集がダウンロードし放題というフリーパックが今なら期間限定で8800円(税別、90日間プラン)。
……90日で7000点全部ダウンロードできれば格安ですなぁw

ヤフオクでいろいろ見ていますと、素材はかなり転売されてるっぽい感じ。
中古で入手→使用後転売→送料分だけで利用(゚д゚)ウマー
……みたいな?
すべての素材を6000円で……って、こりゃ違法コピーっぽい(-_-;

ひとまず、購入はどうするか考えてますけど。
……ううう、見てるだけで欲しくなる……>データ集
(素材集フリーク>たぬ)

#それよりまずインストールだろ(ぇ

|

Shade8

気が付けば、手元にShade8が……
(エントリータイプのBasicですけど)


……いや、セールで半額だったんですよ……
Shade素材を読み込んでコミックスタジオで使えるような形式に書き出せるって機能を読んだんですよ……

「あなたって人は凝り性だから……」
という声が天から聞こえてきますが、気のせいですね(こら)



「買っただけで使った気になるんでしょ」と聞こえたのは気のせいですorz

#仕事が終わるまで封印(T_T)

|

Z's STAFF Kid。

PCお絵描きさんには懐かしい名前のツールです。
昔、「パソコンでお絵描き」と言ったらこれだったような。
MS-dosとかWindows3.1の人向けですが。
(TOWNSとかX68000用のもあったんですよねぇ、確か……)

ちょっとバックアップデータを探していたら、その時代に作ったファイルが出てきましてね。
拡張子がZ's STAFF Kid形式に始まり、SuperKid、UltraKidまでそろってるわけですよ(汗)
……読み込んで見てみたいなぁ(怖い物見たさ)

で、ちょっと調べてみたら、ソースネクストの「Paintgraphic」で読み込めるようですねぇ……
http://www.sourcenext.com/products/paint/

元の販売会社は「ファンファーレ」で、ここはZ'sシリーズの後継(とは言えなかったなぁ、実物は)UltraKidを開発したところ。
UltraKidは値段もかなり良すぎたんですが、何故か買ってしまったんですな。(バージョンアップ価格だったしー)
そのうちPhotoshopを導入したので、以降お絵描きはPhotoshop主体になり、UltraKidは引退させちゃいました。
でも、当時はレイヤーが使えるペイントソフトということで、結構画期的だったんですよ。
何枚か、そのころのお絵描きも残ってるわけです。

そのファイル形式が、Paintgraphicで読み込めるんだ……
……1980円だし、ヤマダ電機のポイントもあるし、買っちゃおうかな(こら)

Z'sシリーズの話は下記サイトで詳しく語られています。
http://piro.sakura.ne.jp/latest/flakes/035kid.html
ううむ、読みふけってしまう……orz

|

ラスター→ベクター変換

mixiのIllustratorコミュニティで、potraceというツールを知りました。
http://potrace.sourceforge.net/
このツールはビットマップの画像を自動でトレースし、ベクターの画像に変換するものです。

今までAdobeのStreamlineというツールを使っていたんですが、potraceはフリーウェア。
動作も軽くて、解像度の低いロゴなどをトレースするにはいいような感じです。
対応する画像ファイルはBMP形式のみです。

ダウンロード先は海外のサイトなのでちょっと勇気がいりますがw
Exciteの翻訳サービスなどを使えばわかりやすいかと思います。
今回Windows95用をダウンロードして使ってみましたが、XP SP1での動作が確認できました。

さて、ダウンロードしたファイル(Zip形式)を適当なフォルダ内に展開。
potrace.exeはコマンドラインで動作するので、Dosプロンプトからファイル名を入力して動かさないとだめかなと思いましたが。
先述のIllustratorコミュでは「デスクトップなどにpotrace.exeのショートカットを作成し、 そこにBMPファイルをドラッグ&ドロップすればOK」とありました。

試しに1.2MB程度のBMPを変換、数秒で完了。6KBのepsファイルが同じフォルダ内に作成されました。
あとからIllustratorで開いてみましたが、某メーカーの変換ツールより綺麗にトレースされます。
フリーウェアでここまでできればかなり良いかなと。

さて、次世代Windowsで標準装備されるんじゃないかというAcrylic(Expression後継)の話を前にも書きましたが。
このツールでどの程度ペンタッチに近いお絵描きができるかどうか模索中です。
Acrylicでは、Illustrator形式(.ai)のファイルを読み込んでブラシにすることが可能です。
紙に書いた自分のペンタッチをスキャナで取り込み、BMP→aiに変換できれば、Acrylicで利用することができるわけです。
これを如何に低価格で済ませるか模索中ですが、今回のpotraceでベクター変換する手法を見つけたので、 あとはEPSをaiに変換するツールを見つけるだけです。
BzEditで何かできそうなんですけどねぇ… …

#Acrylicが正式発表されるころにはEPSぐらい読み込み可能になってないかなぁ(を

|

Expression3.0

マイクロソフトで開発中のAcrylicの話を9月30日の日記にも書きましたが。

その前のバージョンであったExpression3.0英語版のダウンロードに成功(ぇ
一応、無料で配布されているものではあるんですが(^-^;)
公式サイトからはリンクが外れてますなぁ……完璧にAcrylicに移行させてしまいたいのかな。



で、
・ダウンロードしたファイルからセットアップ
・そのままじゃ日本語OSで起動できないので、実行ファイルの一部をバイナリエディタでアレする
・旧サポートサイトからアレをダウンロード、中にある日本語化ファイルだけ実行フォルダ内にコピー
(現在はダウンロードできなくなってる)

という手順を踏むと、起動できるらしいでスよ(謎)
(詳細は雨ふり日記さんが詳しく書かれてます)
他にもいろいろ知りたい方は、2ちゃんねる辺りで検索すると良いことがあるかも。
Expressionの話をしよう part4 【Acrylic】


ベクタファイルを作成するAdobe Illustratorの形式や、epsにも出力OK。
(ただし、ストロークによっては妙なパスになっちゃったりする……やり方があるとは思うけど(^-^;))
Acrylicがどういう形態で発表されるのか、期待したいところです。

|

ベクタのイラストin Illustrator。

ようやく仕事が終わりました。
A4のパンフレットのデザインを2通りと、久々にIllustratorにイラストを組み込むお仕事。

アドビのIllustratorというソフトウェアでは、ビットマップのイラストを組み込むとかなりファイルサイズが大きくなるんですが、今回は初めてComicStudioで描いたものをベクター化して色をつける方法で制作しましたよ。
ComicStudioで描いてPhotoshop形式で保存し、Streamlineで変換して、Illustratorで読み込むという方法ですが、元ファイルにミスがあると修正して変換しなおさなきゃいけない状況。
もう少し効率的な方法を考えよう……

|

より以前の記事一覧